優良競馬予想会社まとめ

0

無料予想枠連が的中率90%以上kbackup.seesaa.net
枠連の無料予想に定評があります。無料モニター会員だけに無料提供中!
競馬で稼ぐ夢の目標達成 3dhardcopy.com
夢を現実にする為にはお金が必要な場合もある。この先には未来があります。
出た!週末だけで稼げる仕組み 74karat.com
初心者が手間隙かけずに即金を手に入れることができた!

WIN5 予想攻略

0

こんな情報にはご注意下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓

サンライズプリンスが故障したとはいえ、マスコミでも騒いでいる通り「過去最高」のメンバーが集結した今年のダービー。皐月賞を制したヴィクトワールピサ、青葉賞を圧勝し、4戦4勝でGIへ乗り込むペルーサ、NHKマイルCを日本レコードで駆け抜けたダノンシャンティ、皐月賞2着で改めて実力を示したヒルノダムール、トゥザグローリー(母トゥザヴィクトリー)、ルーラーシップ(母エアグルーヴ)の良血2頭などなど、まさに群雄割拠。どの馬が勝っても不思議ない、これぞ史上最高のメンバーといった様相だ。

当然ここまでのメンバーだけに大きな注目を集めているが、一皮剥けばある大物馬主の「欲望」に結果を左右される「茶番劇」。「権力」と「金の力」で、このダービーに関わる全ての人間を黙らせ、自分の思い通りのレースが可能となった次第だ。基本的にダービーではガチで、そういった個人の思惑は吹き消されるのだが、昨今の不況により、賞金以上の金をチラつかせれば折れるのが実情。数十億規模の金を使い、ある大物馬主が今回ダービーを自由にできたのも、その莫大な金の力によるところが大きい。しかし、この大物馬主が主張しているのはあくまで1着。2、3着に関しては「奪い合い」の状態である。実質的には2着が今年のダービーウイナーとまで断言してもいいだろう。1着は当然として、女王は2、3着となりうる馬にも目星が付いている状態。全ての情報を融合すれば「3万円⇒70~200万円以上」の想定払戻しが現実だ。馬主の夢であるダービー失墜は完全なるドル箱。皆様の夢である「ダービーでの一攫千金」はもう目前。大いに期待して今週末をお待ちいただきたい。さて、そんな週末を前に、ここでは有力各馬の状態をお伝えしよう。

まずは、皐月賞で一冠目を奪取したヴィクトワールピサから。
「1週前の追い切りは、ホンマ貫禄の動きやったね。ここ最近でNHKマイルC馬ののダノンシャンティや、プリンシパルSを勝ってやっとダービー切符をつかんだルーラーシップやら有力馬がここに来て台頭してきたけど、ローテーにゆとりがある分、ヴィクトワールピサには敵わへんのやないかな。それもあって、陣営には2冠がかかっているとは思えないほど余裕がある。それに馬主は、ライバルとなるペルーサの藤沢厩舎にかなり高馬を預けてきた人。ホンマやったら、藤沢厩舎でとっくの昔にGⅠを勝ってなきゃいけないのに、お金だけつぎ込まされて、成績自体はパッとせえへん。その恨みみたいなもんもあるやろから、オーナー側としたら、ペルーサには負けるわけにはいかないというのが本音やと思うで。そういう裏でのごちゃごちゃも、多分勝負には影響してくるはずやし、その辺はギリギリまで取材をした方がええやろね」と裏事情に詳しい某記者。

続いて青葉賞に勝って堂々とダービーに駒を進めてきたペルーサ。
「乗り役はこの馬の父(ゼンノロブロイ)に乗ってダービーで2着に敗れている。その悔しさを晴らしたい思いもあるだろうけど、ペルーサ自身が現時点で父をはるかに超えているというのが、乗り役の評価らしいよ。それを考えると、この馬の強さは相当なものだし、青葉賞後も何ら不安なく調整が続けられているのは間違いのないところ。数々のビッグレースを制してきた藤沢のテキも、ダービーはいまだ手が届いていない。それに最近、GⅠ自体にも勝負になるような馬を出走させれないでいるわけだし、この馬にかける思いというのは相当なもの。それがスタッフや馬に変なプレッシャーを与えるのが不安だったけど、それも何とかしのいできている。このままいけば、悲願成就となる可能性もあるんじゃないかと思うけどね。あとはヴィクトワールピサとの力関係だけど、ヒルノダムールを物差しにすれば、互角か互角以上と言ってもおかしくはない。力と力のぶつかり合う、おもしろいダービーになりそうだね」と情報通の某新聞記者。

最後にNHKマイルCを制したダノンシャンティ。
「ホンマ陣営はこのダービーに気合いが入っとるね。変則二冠がかかっているわけやからまあ、当然といえば当然やけど。厩舎伝統のローテーションで結果を出してきた時点で、クロフネやら、キンカメやと同レベル。さらに、前走が古馬を含めた芝1600mの日本レコードやろ?そら期待するないうほうが無理やで。若干短い距離の方がええ印象はあるけど、毎日杯の勝ちっぷりと、前走の末脚を考えたら克服は可能。あとはヴィクトワールやらペルーサやらとの力関係だけ。向こうも成長しているみたいやけど、この馬も急激に成長しとるから、実力差は詰まってはいても、開いていることはないはず。本番がこれほど待ち遠しいことはあらへんよ」と関係者。
当然上記以外の実力馬についても、現在のデキは把握済み。1着は当然として2、3着に関しても女王にお任せ頂ければ幸い。一年で一番盛り上がるダービー的中の喜びを皆様と分かち合うために、当然この週中も精力的に走り回る予定だ。

□安田記念□
ウオッカ、ディープスカイの出走である程度盛り上がった昨年の安田記念だが、今年は「酷い」と言わざるを得ない状況。昨年の安田記念、マイルCS覇者ウオッカ、カンパニーが引退し、マイル戦は主役不在の状況。リーチザクラウンや海外馬が多少注目を集めようとも、マイネルファルケ、キャプテントゥーレ、スーパーホーネット、スマイルジャック、トライアンフマーチなど、出走メンバーを眺めれば明らかにG2レベル。しかも、今年は先週が史上最高のダービーとなれば、最終レースであるユニコーンSを足しても、大きく盛り上がりに欠け、JRAとしても売り上げをさほど見込めない状況だ。

ただ、こんな腐ったメンバーでも格自体はGIで、これから突入する夏競馬と比べ馬券が売れるのは間違いない。安定した払戻しが受けられる上、混戦模様なこの状況下をある大物が、この安田記念においての更なる高配当を目指すべく「リーチザクラウンを引かせる」状況を整えた。その手口は、春競馬においての「貸し借りの精算」や、様々な理由で貧乏な関係者に対する金銭を含めた「濃厚な接待」、美人局まがいの女を使った「脅迫」などを駆使したまさに「競馬界の闇」。その算段も鮮やかそのものであった。この状況により、安田記念は圧倒的に勝てるのが間違いなし。当然、信頼おける情報元からその全容を入手したに「負けの二文字」「僅かな勝利」といったものは絶対に皆無。本格的な「荒れる夏」を前に、「荒稼ぎ」を体感していただく所存だ。今週末に「札束換金濃厚」買い目は明らかにするとして、ここでは一週前の有力各馬の状態をお伝えしよう。

まずはGI初制覇を成し遂げられるかに注目が集まるリーチザクラウン。
「ロジユニヴァース、アンライバルドとウチの馬で3強って言われてた昨年が懐かしいな。でも、順調に使えているのはウチのだけ。ロジは復調に手間取っとるし、アンライバルドに至っては屈腱炎やからね。結果はどうであれ使えているだけマシなんかも知れへんな。世間ではウチのせいでリーチが大成できへんかったとか言われているけど、あの無茶苦茶な使い方はオーナーサイドの思惑。コッチが一本調子やから、長い距離は厳しいって言うてたのにね。まあ、素質を考えたら使いたくなる気持ちもわかるけどな。オーナーを止めへんかったのも、コッチとしてもしかしたらって気があったからに他あらへんし。で、ようやく懲りて、結果を確実に出せるマイル戦の前走へ久々の出走。やっぱりこの距離やと、かなり強いな。前が厳しい状況でキッチリ残るんやから、せめてマイルCSには出走させておけば良かったって少し後悔したわ。今回の安田記念やけど、大した相手はおらへんし、ようやくGIの冠をこの馬へもたらせそう。一週前の坂路でキッチリ追ってスピード感満点やったように、ここへ向けて順調そのもの。ホンマ、本番が楽しみや」と陣営の一人。自信満々の様相を呈している陣営だが、その実情は「一着皆無」。本当に馬券へ必要な馬を今週末完全伝授致します。

続いて昨年のマイルCSで2着したマイネルファルケ。
「実力的にはマイラーの中ではトップクラスだけど、如何せん決め手がないからね。オープンやG3で惜敗しているのはそのせいだよ。実力が実力だから、コッチとしても、いい加減勝って欲しいけどね。まあ、コレばっかりは展開次第としかいいようがないんだけどさ。とりあえず、ここへ向けてシッカリ乗り込んで、気配は上々。あと、岡○総帥もこの馬を相当気にしてるみたい。ちょくちょくウチへ様子を見に来て、色々と指示を出してくからさ。その指示がでたらめだったら無視するところだけど、これが本当に正確。改めて総帥は凄いと思ったよ。これで本番へは万全で臨めるのが間違いなし。大仕事をやってのけると信じているよ」と某関係者。

最後に昨年のマイルCSで4着し、GIで通用する事を証明できたキャプテントゥーレ。
「GIで勝ち負けするんは今春ぐらいまでかかるかなと思うてたのに、昨秋のマイルCSで0秒2差4着。ホンマにアノ結果はビックリやったよ。確かに仕上がりは良かったけど、実力的に通用せえへんと思うてたからさ。なんで、マイルCS後に今年の安田記念へ向けての作戦を練った。今年初戦にAJCCを使ったり、前走のマイルCSで負けたんも完全に作戦、っていうか想定内やね。まあ、前走に関しては距離も距離やし、マグレで勝って欲しかったけどな。で、今回はホンマに万全。状態は本番へ向けてベストに持っていけそうや。皐月賞しか今のことろ勲章があらへんから、ここでもう一つ獲らせたいところ。というか、このまま順調にいけば獲れるはずやで」と陣営。

その他、安田記念への出走予定馬に関しても女王はある程度掌握済み。馬券に必要な馬に関してもある程度算段はついている状況だ。当然、この週中にも追加取材を行い、今週末には「獲れる買い目」「勝てる買い目」を公開させて頂く次第。「札束換金鞍」安田記念も絶対にお見逃しなく。


Hello world!

1

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !


Post navigation